中古車の購入手続きに必要な書類について

中古車の購入は不動産の購入と同じく、購入時に書類を販売店側と取り交わす「契約」処理が発生してきます。契約書そのものについては、販売店が準備したものに目を通し内容が確認できたら契約を取り交わす事になりますが、契約にあたり自ら準備しなくてはならない書類等が発生してきます。

中古車の購入手続きに必要な書類について

実印

車を購入する際に、生まれて初めて実印を登録する人も多いのではないでしょうか。実印とは住民登録している市区町村の役所に対して、自分自身の姓名を彫刻した印鑑を登録し、受領された印鑑です。街の商店街の一角で販売されている三文判の安い印鑑でも実印登録が可能ですが、自らを証明するための印鑑となるため、姓名の両方を彫刻した印鑑を登録しておくのが安全です。実印は、中古車を購入する際にも必要ですが、不動産契約時や、遺産相続、法人設立時の発起人の証や、保険金や保証金の受領行為時など、人生においての重要な場面において登場してくる印鑑になります。



印鑑証明書

印鑑証明書とは、契約を取り交わす際に契約書に押印される印鑑が自らを証明する証である事を担保するための証明書です。実印を登録した市区町村で発行してもらうことができます。よく印鑑証明書を発行してもらう際に忘れがちなのが、印鑑証明書カードです。印鑑証明書を発行する際には、実印を登録した際に渡される印鑑証明書カードが必須となってきます。せっかく印鑑証明書を得るために街の役場まで来たのに、印鑑証明書カードを忘れてしまって発行してもらう事ができず、再度役所に足を運ばなくてはならない事態となってしまうととても面倒です。印鑑証明書は3ヶ月以内に発行されたものであれば有効なため、契約日当日にバタバタしてしまわないように、事前に余裕を持って準備しておくのがおすすめです。

自動車検査証(車検証)

購入する中古車の所在を証明するとても重要な書類です。中古車であれば、前オーナーから販売店が譲り受けた車検証が保管されています。任意保険に加入する際に車検証のコピーが必要となる事から、契約時にコピーしておくのがおすすめです。

委任状

委任状とは、本来自らが行わなくてはならない事を他人に任せる際に証明するための書類となります。購入した中古車は自らの所有になりますが、陸運局の管理においては前オーナーのままとなっています。中古車購入後、陸運局に対して前オーナーから車の所有者が変更になった事を届け出る必要があるのですが、この手続きは複雑で、販売店側に自らが任せたことを証明するため、実印が押印された委任状が必要となってきます。

車庫証明書

中古車の納入前、契約のタイミングで車庫証明書は必ず必要となってきます。販売店側に車庫証明書の交付手続きを代行させる事も可能ですが、代行手数料として1万5000円程度費用がかかってくるので、自ら手続きを行い車庫証明書を入手するのがおすすめです。車庫証明書の入手方法については、「中古車の納車時までに車庫証明書を準備する」ページでまとめています。

中古車購入ガイド