任意保険(自動車保険)の検討について

自動車保険には大きく分けて法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、自ら加入する「任意保険」の2種類に分類されます。一般的に「自動車保険」と呼ばれる保険は、「任意保険」のことを指します。

任意保険は、読んで字のごとく任意で入る保険であることから加入してもしなくてもよい保険で、車を保有している約7割から8割が加入済みと言われています。自賠責保険ではまかないきれない交通事故時の補償につながる保険であることから、車を所有している人は任意保険への加入は万が一に備えて申し込みを行う事を強く推奨いたします。

自賠責保険と任意保険の違いについて

自賠責保険について

自賠責保険の正式名称は、自動車損害賠償責任保険です。自賠責保険は、法律(自動車損害賠償保障法)によって加入が義務付けられて強制保険で、自動車を保有している人全てが加入しなくてはならない保健です。自賠責保険の主な役割は、自動車を運転中に他人に怪我を負わせてしまったり、死亡させてしまった場合、対人賠償事故を補償するための保険です。ただし自賠責保険には、支払いができる上限があるため、高額な賠償に備えるためにも任意保険(自動車保険)に加入する必要があります。



自賠責保険の補償内容と支払い限度額について

傷害による損害、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料の被害者一人あたりの限度額

最高120万円

後遺障害による損害、逸失利益、慰謝料の被害者一人あたりの限度額

後遺障害の程度によって最高3,000万円。常時介護が必要な場合については、最高4,000万円

死亡損害、葬儀費、逸失利益、慰謝料の被害者一人あたりの限度額

最高3,000万円

死亡するまでの傷害による損害、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料の被害者一人あたりの限度額

最高120万円

自賠責保険の詳細な補償内容については、国土交通省のホームページに記載がある「自賠責保険(共済)の限度額と保障内容」で詳しく把握することができます。
上記で確認できる通り、自賠責保険は、事故をおこしてしまった際に、被害を与えてしまった相手の方の身体に関する保障しか保険適用の対象にならないため、自らの損害や自己によって破損してしまった車体や周辺の物に対しての保障は対象外です。また、上記に定める上限を超えるような請求があった場合、自らが負担しなくてはならず、その時に役立つ保険が任意保険(自動車保険)になります。

任意保険(自動車保険)について

自賠責保険が自動車事故時に危害を与えてしまった相手方の死傷に対してのみ適用される保険なのに対して、任意保険は、以下のような場合に幅広く補償が効く保険になります。

  • 対人賠償(相手方の死傷に対しての補償)
  • 対物賠償(相手方の車や物に対しての補償)
  • 相手方との交渉費用
  • 自身の人身障害、搭乗者障害など
  • 自身の車に対しての補償

車両の利用目的によって金額が変わる任意保険

任意保険は、利用する車両の利用目的によって年間の契約金額が変わってきます。任意保険の申込書には、車両の主な利用目的を記載する欄があります。

「仕事・業務」で車両を利用する場合の保険金額

もっとも契約金額が高額になる利用用途は、「仕事・業務」で利用する場合です。業務で車を利用する場合は、車に乗車する時間が長く、事故に遭遇する確立も高くなる事から保険料も高くなります。

「通勤・通学」で車両を利用する場合の保険金額

次に契約金額が高くなる利用用途は、「通勤・通学」での利用になります。日中常に車を運転する「仕事・業務」の利用用途と比較すると、契約金額は安くなりますが、「日常・レジャー」での利用用途と比較すると、契約金額は割高になります。

「日常・レジャー」で車両を利用する場合の保険金額

もっとも任意保険の金額が安くなる利用目的は、「日常・レジャー」になります。「日常・レジャー」の項目は、主に近所に買い物に出かける場合に車を利用したり、週末家族や友達とレジャーに出かける際にしか車を利用しない場合に該当します。

利用目的を偽って任意保険に申し込んだ場合

利用目的を偽って任意保険に申し込んだ場合、万が一事故を起こしてしまった際に保険の補償を受けられないといった事態に陥ってしまいます。例えば会社への通勤経路に駅までバスを利用する申請をしているはずなのに、通勤費を浮かせるため、毎日自転車で通勤している最中に事故にあってしまった場合、申告内容と実態が異なることから労災保険が支払われない状態となってしまうのと同様の事が起こりえます。保険への申し込みは、偽り無く正直に申し込むのが補償を受けるための最善の方法です。

任意保険の料金は会社や特約内容などによって様々

任意保険は、補償内容や、ゴールドカードやそうで無い場合などによって、年間の保険料金が変わってきます。より保険内容を充実させたい場合は、価格は高くなりますし、補償範囲を狭めれば保険料を節約する事も可能です。つまり自身が加入する任意保険の内容によって、保険料は大きく変わってきます。加入する保険会社で契約する内容によって、年間で数万円単位で大きく変動してきます。

自動車保険に加入する際には、複数の保険会社からの相見積もりを取って、自身が希望する保険内容や、金額にあわせて契約する保険会社を決めるのがもっとも最適な方法です。
自動車保険の検討を行う際には、複数の主要保険会社に対して一括で無料見積もり依頼が可能な「保険スクエアbang!」、もしくは「インズウェブ」に依頼するのがもっとも効率的です。

どちらも任意保険の一括見積もり依頼をできる主要な保険会社には大きな差がありませんが、「保険スクエアbang!」は同時に19社から一括見積もりが取得できるのに対して、「インズウェブ」は同時に20社から一括見積もりを取得する事ができます。

中古車購入ガイド